ダイエットに心理学は必須の理由 東新宿・中野・早稲田パーソナルトレーニング155

お腹痩せ・ウエスト引き締めのくびれダイエット専門
週1回パーソナルトレー二ングの

大内哲郎です。

ダイエットに心理学は必須だと感じています。

今までダイエットがなかなか上手くいかなかったり
ある程度成功したにもかかわらずリバウンドしてしまうのは、
心理学の知識が足りない可能性があります。

パーソナルトレーニングの指導をしていて
感じたことを踏まえながら最後に解決法をお伝えしていきますね(^^

ダイエット心理学って何?

そもそもダイエット心理学って何でしょうか。

心理学といっても様々な分野があります。

脳科学的なアプローチから始まって最近では引き寄せなど抽象的な
表現もある意味心理学といえます。

ダイエットを取り組むうえで上手くいっていない人は
必ず壁があります。

その壁をこわしたり、通過しやすくしてくれるのが
心理学といえます。

おもしろいのが、

ほとんどの人が同じ壁につまずいて
同じような心理状態になる

ということです。

本当に指導していて人間ってほとんど同じなんだなと思えます(笑)

なので、逆を言えばそれさえわかれば上手くいく可能性が
非常に高いということです。

それでは共通の心理のポイントをいくつか挙げていきます。

 

苦行と思ったら終わり

ダイエットは大変、苦行だわ、仕方なくやったるぞ

という心理状態になったらもう危ないです。

そもそも苦行と思ってしまうのは、
あなたが取り組もうとしているダイエット方法のハードルが高い可能性があります。

ダイエットは、正直つづけてなんぼです。

30㎏痩せた方の担当をしたことはいくつかありますが、
30㎏痩せるにはどんな方法でも6ヶ月くらいはかかります。
これは最低の数値です。

糖質制限などしても小手先でかえって時間がかかる可能性があります。

心理的に苦行という状態になったら
まぁ続きません。

ある程度のつらさは最初にでますが、
すごい効果的な方法でも続かなかったら宝の持ち腐れです。

あなたがある程度継続してできる方法を
夢見がちにならず現実的な目線でいくことをおすすめします。

 

~しなくちゃは上手くいかない

これをしなくちゃいけない心理は危ないです。

これも半強制的に仕方なくしてる状態の心理なので
かなりやばい状態です。

担当していて思うのが切羽詰まった感じで
これしなきゃ感が出てしまう状態になると
上手くいっていない状態になります。

 

「絶対~します」は続かない

絶対します!

という人はかなりの確率で約束を破ります。

そもそも自然界で絶対はありえないです。

取り組もうとする姿勢は素晴らしいですが、
絶対します心理状態になったら注意をして下さい

ダイエットが上手くいく心理対策

では実際どういう心理状態で
取り組めばいいか?

それは、、、、

ゲーム感覚

です。

ゲーム感覚で取り組むこと
別に失敗したらやり直せばいいし
何日間続くかな

と遊び感覚ですることです。

つらい状態になったら
これはゲームなんだと思うだけで
リラックスできます。

やんなくちゃ感覚ではなくやれるかな感覚になれるかです。

私も様々な食事法に取り組む時に
ゲーム感覚でします。

これのおかげで私は小麦食品と白砂糖の食べ物を
80%以上なくすことができました。

すごい抽象的な表現で重要性が感じられにくいのですが、
ゲーム感覚の心理状態がほんとーーに大切です。

あとは習慣を構築するスキルがあると最強ですね。

ダイエットの成功要因

ダイエットの成功要因は、
取り組む心理や習慣を作る工夫が
一番だと思います。

もちろん、論理的な運動と食事も大切ですが、
知っていてもやらないという状態に陥った人を見てきました。

私も様々な心理学を学んだ結果
かなり指導方法が変わりました。

いかにゲーム感覚でできるか

これがダイエットにおいても
人生においても重要と感じてます。

あー、年取ったからそう感じるのかな(笑)

 

よかったら公式サイトをご覧ください
見るだけで勉強になると思います
↓↓↓

公式サイトへ

質問お待ちしてます!
必ず回答をします。