ダイエットで停滞期はチャンス?!

新宿・早稲田で唯一
糖質制限なしでお腹痩せ・ウエスト引き締めをする
くびれ専門パーソナルトレーニングの大内哲郎です。

ダイエットで上手くいかない時はあります。

特に、

停滞期

がそれに当てはまると思います。

停滞期とは、
食事や運動をしているにもかかわらず
変化が起きない状態を言います。

その時に、どういう気持ちで取り組んでいるか
が大切になってきます。

今回は、そのメカニズムと取り組む姿勢について
お伝えします。

■停滞期が起きる仕組み

ダイエットで停滞期が起きるのは、
生存本能のせいです。

食事や運動と休息を
上手く取り入れて体重が減ってくると
体はやばいと思います。

何故なら、このまま体重が減ったら
生命の危機にさらされるかも…
と反応します。

そうなると、
食事など減る量にもかかわらず
止まるケースが多いです。

だから、停滞期というのは、
体が頑張ってくれているんですね。

なので、

これを解除すればいいのです。

■停滞期の方が脂肪が減る?

ダイエットし始めで、
糖質を少なくすると体重は減ります。

しかし、

大抵の方は、「同じルーティン」をしていると
ある程度期間が経つと停滞期はきます。

別の表現で言うと、
飢餓状態ともいいます。

栄養が前より入ってこないからビビるという事です。

こうなった時は、

変化のチャンス

だと思ってほしいです。

考えを改めたり
手法を変える

などなど

試す価値はあります。

ただ、経験上ここでおもしろいのが、
体重の変化はないのですが、
体脂肪が下がるケースがあります。

私達が、ダイエットで体重を落としたいととは思うはずです。

ただ、一番なくしたいのは体脂肪なはずです。
停滞の状態になって、それを乗り越えると
結構、体脂肪が減るケースが多いです。

だから、見た目が良くなるチャンスだと思ってください。

体重だけの数値ではなく
体脂肪率やくびれ、ウエストの数値

そして、何より

見た目が良くなっているか

で判断して頂きたいです。

■停滞期の対策は「食べる」?

停滞期がきたら、
変化をさせることをおすすめします。

一番いいのは、
食事を多めにとることです。

??

となるかもしれませんが、

停滞期はカラダが栄養が入ってこないと
ビビっているので、あえて1日限定などで
栄養をたくさん入れてあげることが大切です。

糖質を入れることで
体内でのレプチンの活動や

ストレスに関連しているコルチゾールなど
和らぎます。

要は、糖質をとれってことです(笑)

これは、ボディビルダーやフィジークなど

体の見栄えを争うコンテストの人たちが
減量中に停滞が起きたら必ずする方法です。

長い目で見ると、

食べたら痩せる

というよくわからん状態になります。

ただ、食べすぎは厳禁です。
これをいうと、勘違いして馬鹿食いしてしまう
方がいます。

それは、体をもとの状態に戻そうとする
ホメオスタシス機能なので、
冷静に判断するようにしたいですね。

■まとめ

・停滞はチャンス

・停滞は体脂肪が減る傾向

・停滞対策は、あえて糖質を摂る

です。

停滞の打破した経験がない初めての人は
あえて糖質を摂るというのは
ビビると思います。

一度、経験するとそういう現実があるのかと
心のブレーキが外れるのでぜひお試しください。

ただ、ポイントがあるので、
自己流で怖いのであれば、
パーソナルトレーナーなど専門家に
相談をすることをおすすめします。

今回は、以上になります。
ありがとうございます!

●過去記事:
ダイエットはやり方ではなく、在り方で成功する
ダイエットをするからリバウンドする理屈
腹筋をしても「お腹痩せ」できない?

●新宿・早稲田でくびれパーソナルトレーニング体験:
お問い合わせはこちら

●公式webサイト:
ホームページ
選ばれる理由
サービス料金
お客様の声
アクセス
問い合わせ

●公式Twitter:
こちらをクリック