下っ腹をなくしたい!パーソナルトレーナー目線アドバイス

ご覧頂きありがとうございます!

新宿・早稲田で唯一
糖質制限なしでお腹痩せ・ウエスト引き締めをする
くびれ専門パーソナルトレーニングの大内哲郎です。

下っ腹をなくしたい…

こういうご相談はたくさん受けます。

下っ腹をなくしてお腹痩せするポイントを
パーソナルトレーナー視点でお伝えします。

これから、

お腹痩せしたい
くびれ作りしたい

という方は是非ご覧下さい。

■下っ腹は脂肪

まず、下っ腹は脂肪だということです。

脂肪は蓄積されるエネルギーだと思ってください。

シンプルに、
エネルギー過多になっていて
万が一の時のために保存しているのです。

脂肪というのは、
万が一の時の保険です。

なので、脂肪事態に悪意はありません。

どうすればいいかというと、
シンプルに使えばいいのです。

使えばなくなります。

■運動より食事

下っ腹をなくそうと思ったら
運動をしようと思う方が多いはずです。

あなたもそう思ったのではないでしょうか。

運動は大切です。

ただ、運動での消費エネルギーは
結構小さいです。

42.195㎞
フルマラソンを走れば
それなりの消費カロリーになりますが、
体が酸化して老化しやすくなりますし、
毎日続けられません。

一番効果があるのは、
食事です。

なので、食事の改善は
どうしてもダイエットでは必要になります。

パーソナルトレーニングをさせていただく時は
食事の管理や指導は絶対にします。
でないと、体が絞れることは難しいです。

運動だけしていれば、
食事は変えなくても痩せれる
と思っている方には酷かもしれませんが、
効率的に考えると食事改善は必須です。

具体的には、

筋肉の維持や増加に必要な
たんぱく質は必ず毎食摂取

水も2リットル摂取

糖質を控える

がポイントです。

まぁ、どのパーソナルトレーニングをしても
これらのポイントはパーソナルトレーナーが言うと思います。

あとは、取り組む姿勢や
どういう観点を目指してやるべきかが
重要です。

やり方より在り方ですね。

■下っ腹は最後に減る…

あと、残念なお話ですが、
下っ腹は最後に減ります。

最後というか、
最初から減っているのですが、
お腹に蓄積される率が高いので
最終的に最後の最後まで残ってるように見えます。

お腹の脂肪は2重構造になっていて

手ではつかめない奥側の内臓脂肪と
手でつかめる皮下脂肪があります。

まず、内臓脂肪からなくなっていき、
最後に皮下脂肪がなくなります。

ここで、あわてて糖質制限などしても
皮膚がただれるケースもあるので、
糖質を摂りながらのお腹痩せをおすすめします。

あとは、短期間は人間の性質上
リバウンドをしやすいです。

ホメオスタシス機能といいます。

なので、急がば回れじゃないですが、
王道な方法をおすすめします。

■まとめ

・下っ腹は脂肪

・下っ腹は最後に減る

・運動より食事を意識

です。

※最後に

新宿・早稲田でお腹痩せくびれ作りの
パーソナルトレーニングをしています。

ご相談がありましたら、
下記リンクからお問い合わせ下さい。

ありがとうございました。

●新宿でくびれ専門パーソナルトレーニングなら:
ホームページ
選ばれる理由
サービス料金
お客様の声
アクセス
問い合わせ

●公式Twitter:
こちらをクリック