【保存版】なぜ16kg痩せれたのか?ダイエットのやり方ブログ

はじめまして
大内です、

ご覧頂き本当にありがとうございます(^^)!

ダイエットを始めようとしたら、
「一体何から始めればいいのか…分からへん」

と思っているかもしれませんので、
具体的な痩せる全体像のアプローチを公開します。

私は、ここに書いてある方法で16㎏痩せました。

また、私がお腹痩せダイエットトレーナーとして担当したお客様も5㎏、13㎏、30㎏と痩せた方はたくさんいらっしゃいます。

・これからダイエットをする予定
・なぜかダイエットが上手くいかない

というのであれば、

パーソナルトレーニング(1対1の直接指導)の10年以上サポート指導をしている観点が含まれてますので、ダイエット指導経験がないブログ記事よりかは、今回の内容は役立つと幸いです(笑)

先に一番伝えたいことは、

【正しい方法で正しいアプローチをすれば、
人間の構造上、痩せてしまうよ】

ということです!

ただし…、

夢がない事実ベースのつまらない内容かもしれません(笑)
そして記事が長いかもです…。

ですが、知っておく価値はあります。
きっと、あなたが損します。。。

なぜなら、現在は結局このノウハウでしかほぼ痩せないからです。

ぜひ、何度も読み返してモノにして下さい!
では、本題へいきましょう(^^)/

■ダイエットの具体的なやり方(アプローチ)

ダイエットの具体的なアプローチは主に3つあります。

1、食事
2、運動
3、メンタル力(世界観)←これ重要♪

になります。

ありきたりで、つまらないかもです。。。

ですが、
これが5㎏,10㎏,30㎏とやせる要素です。

まずは、外面的なアプローチのメインの実践となってくるのが食事です。

その次が、運動です。

綺麗で健康でモテるには運動が必要です。
日常に追加すべきです。

私の運動のモットーは、「できるだけラクして良い体型に」なので、
その考えに共感されるなら、役立つと思います。

意外かもしれませんが、
それよりも重要なのは内面のアプローチである
心理のケアになります。

パーソナルトレーニングを10年以上してきて思ったことは、心理のケアをしていない人がダイエットが上手くいかないと思っております。

分かり易く言うと、ストレスのメンタルケアなどが挙げられます。

では、各項目を具体的に見ていきましょー!(^^)/

1、ダイエットの成功は食事が9.5割!!

ダイエットは食事が実践メインと断言してもいいです。

「体重を落とす」のは、運動ではなく、食事だと思って下さい。

運動での消費量は結構少ないので、
働いている方は、現実的に食事での体重を下げる戦略がいいです。

大切なのことなので先に触れますが、
たまに、食べてもなかったことに的な商品やサービスを見受けますが、
それはありえません(笑)

また、そういった簡単に痩せる的な商品サービスには、誇張表現が多かったり、真実でない可能性があります。企業側のマーケティングです。

なので、そこから目を覚ます必要があります汗

ここを脱却しない限り、
永遠に手法探しにハマります。

痩せる公式は、シンプルで以下なります。
でも、現実的過ぎてつまらないかもしれません(笑)

痩せる公式
=消費カロリー>摂取カロリー

結局、カロリー計算です(笑)

これをすれば、標準体重まで痩せますよー。

私が担当した方でMAX30㎏近く痩せた方もいらっしゃます。
食事改善、カロリー理論はつまらんですが、王道です!

論文で、2014年のトロント大学での大規模なメタ分析研究(要はすげー大規模な研究で信憑性がある内容結果)で明らかになっております。

研究内容は、どのダイエット方法も時間が経過するほど、優位さはなくなり、大切なのはカロリーの差だけという事です。

ただ、カロリー手法は万能ではないです。

例えば、

頑張り過ぎて食事を減らす生活をしたり、
ストレスがかかり過ぎていると体重変化が少ない時があります。
人間のカラダっておもしろいですねー。

それでも、カロリー理論はかなりの優位性があります。
それは間違いありません。

しかし、ただ 単に、カロリー範囲内で摂取すると、痛い目に遭います(-_-;)

おすすめは、「1日3食で間食をしない」です。
そして、たんぱく質は毎食摂取するという事です。

3大栄養素と呼ばれている
炭水化物、たんぱく質、脂質
の分量を把握することが食事では重要です。

詳細です↓

・たんぱく質

たんぱく質は、筋肉の材料になりますので、必須です。
ちなみに、維持のためにも必須です。

筋肉がなくなるとショボい体になります。
体重は減りますけど、魅力的な体ではなくなります。
つまり、本能的なモテる要素が下がりますw

たんぱく質の食材は、




プロテイン
ツナ
アミノ酸

などがあります。

1食に手のひらサイズは食べたいですね!

女性なら、肉魚だと100g前後
男性なら、120gくらいだと思います。

これを1日計3回は食べることができます。
むしろ、筋肉や美ボディのため食べなきゃいけない(笑)

ボディビルダーではなく、健康で異性にモテるようになるなら、
この量で良いと思います。1日6食とかはしなくていいかと…

あと、食べ過ぎは短命になる可能性がありますので、、、
このお話は需要があればお話ししますね。

そして、炭水化物と脂質をカロリーコントロールして、
消費カロリーが上回れば、痩せるとなります。

・炭水化物

炭水化物は、エネルギー源です。

糖質制限が流行った関係で、ダイエットに炭水化物は「悪」と思っている方もいるかもしれません。。。それは、全くの嘘です。

カロリーをコントロールすれば、食べても痩せます。

むしろ、炭水化物は、摂った方が体温が上がり、ダイエットの相乗効果があります。火種材のような存在です。

炭水化物の食材は、

お米
パン
麺類
果物
野菜
砂糖

などです。

炭水化物でよく、白米より玄米の方が良いといいますね。
それは、確かにそうなのですが、
ずっと続く方法かどうかを考慮すべきだと思います。

・脂質

脂質は複数種類があります。

そして、
脂質って意外かもしれませんが、、、

魚の油に含まれているオメガ3は体の中性脂肪を分解するので、
たくさんとった方が良いです。

豆類に含まれているオメガ6やオメガ9も体に良いと言われています。
ただ、オメガ3だけ意識的にとれば大丈夫かと正直思いますw

理由としては、オメガ6とオメガ9はそんなに意識していないでも、割と摂取できるからです。

肉の脂は飽和脂肪酸と言って、
逆にほどほどにとどめた方が良いです。

お菓子などに使うトランス脂肪酸は人工的な油なので、
最悪です(笑)体の構造ではまったくいりませんw

ただ、飲食業界の広告で食べたくなりますよね(笑)

(食べたくなるようにマーケティングで仕向けられてるという事実…)

このように、あぶらと言ってもたくさんあります。
良い油もあれば、悪い油もあります。

油をまとめると、

◎オメガ3(青魚、サーモン、アマニ油)
〇オメガ6(豆とか)
〇オメガ9(アボカド、オリーブ油など)
△飽和脂肪酸(肉の脂)→摂りすぎ注意
✕トランス脂肪酸(人工的な油)

ですねー!

・食事の要点をまとめると、、、

要は、

消費カロリー>摂取カロリー
になれば「痩せます」。

消費カロリー<摂取カロリー
になれば「太ります」。

残念ながら、食事ダイエットに裏ワザの秘密はありません。
なので、これを信じて頂き実行することが肝です。

あとは、お水を飲みましょう!

とにかく、水水水です。

お水がないと脂肪燃焼の化学反応ができません。
植物の光合成と同じですw

現代人は水不足です。
これは痩せる痩せない以前の問題で、不健康です。

ちなみに、お腹が空くのは、
単純に体内水分不足の可能性があります。

まずは、2ℓのみたいですね。

ダイエットの観点で見ると、お水を飲むことで、

・代謝が上がる
・見た目が若くなる
・食欲が抑まる
・脂肪燃焼スイッチON
・筋肉を付けるスイッチON

の恩恵がありますよ!

食事は、以上のことを踏まえて行う事をお勧めします。

2、運動で痩せるには「筋トレ」

体重を減らすのは食事…

では、運動はやらなくてもいいという疑問が出るかもしれません。
結論を言うと、ほどほどにやった方が恩恵があります。

私のモットーは、できるだけ楽に男性なら体脂肪9-15%、女性なら15-20%になるですが、そのためには運動はやった方が良いです。

運動をする目的は、

1、見た目をよくする
2、代謝のアップ(ミトコンドリアの増加など)
3、成長ホルモンを分泌させる(若返り効果など)

のためです。

要は、モテたきゃした方がいいです(笑)
見た目が良くなり、自信がつきますよ✨

筋トレは全然難しくないです。

最初は、10回できるくらい負荷をかけて行えばいいです。

最初は、足のトレーニングのスクワットとランジ、
背中のトレーニングのラットプルダウン(もしくは背筋)がお勧めです。

マニアックになりますが、
私が初回で全身トレーニングを60分で任された場合のメニューは、

1.スクワット(脚)
2.ランジ (脚)
3. ラットプルダウンか懸垂 (背中)
4. ローイング (背中)
5. ベンチプレス かプレス系(胸)
6. フライ (胸)
7.時間があれば肩トレか腹筋

をすると思います。

別に、1回でまとめてトレーニングする必要はなく、
日毎に分けても大丈夫です。

ご参考までに(^^)
羅列している種目名が分からないなら、スルーして下さい(笑)

具体的な筋トレのやり方は、YouTube検索ですぐ出ます(笑)
大枠のやり方はYouTubeで解決しちゃいます。

ちなみに、ランニングやウォーキングなど有酸素運動は非効率です。
筋肉は付きません。

逆に、有酸素運動やり過ぎると何故かストレスホルモンが出ます(笑)
不思議ですね。。。

3、メンタルを制すれば、ダイエットを制す?

最後は、メンタル力についてです。

ダイエットは、メンタル力(世界観、思い込みの発見、改善力)があるかが、
できるできないの差が生まれます。

これは目で見ない部分で分かりにくいです。

これがいかに重要か…
分かって頂きたいです!

「ダイエットの理屈(食事や運動)は分かるけど…どうしてもできない」

というのはメンタルの問題です。

食事や運動をさらに知識の追求しても愚かな結果に終わる可能性が高いです。

例えば、

ダイエットに対してどのような感情をお持ちでしょうか。

たいていは、「嫌だ」「苦行だ」「仕方なくやる」
と言う方が大半だと思います。

そういったメンタル状態(世界観)ですと、
続きにくくなります。

「心に摩擦がない状態で取り組めているか」

がとてもとても重要です。

「やらなくちゃ」ではなく、
「やりたい」という状態とも言えます。

メンタル力は、個人差がありますし、
直接会える人にはメンタル力がアップするようなお話をしています。

あとは、

無理な食事制限です。
頑張る人ほど、我慢し過ぎて悪循環になります。

これは、正しい知識不足でもありますし、
フィードバックしてくれる人がいないと正しい方法からズレるのはしょうがないと思います。。。

他には、

周りに応援してくれる人がいるかどうか…
などあります。

心から応援してくれる人がいるのは心強い限りであります(´;ω;`)ウゥゥ

最後に、

あなたは、人間の行動形成パターンはご存知でしょうか?

人間が、なぜおかしな行動を何度もするかは、こういった知識を知らないのは原因としてあると思います。

もし、

ホメオスタシス機能 (この後お話します♪)
意志力
フロー行動
三位一体脳
カラーバス効果
RAS
新しいことが壁になる仕組み
習慣にならない仕組み
感情に従って上手くいかない仕組み
4観点分析法
複利のゴール設定法
目的論
制約理論
メンタルモデル

など知らない場合は、、、
知る価値はとてもあります。

これらを知らないのは、ダイエットでかなり不利になります。

知っていたら、かなり冷静判断ができますしダイエット以外でも使えます。
大袈裟ではなく、人生単位で大いに優位になると思います。

個人的には、この辺のメカニズムを知っているかの差が結果の差なんですよね。。。伝わって欲しいです。。。

要は、

何事も心の摩擦がない状態、
心が整っていないと難しい

ということです。

■ダイエットは上手く行かないのが、当たり前?

ある統計で、
ダイエットを達成できる人は、わずか数パーセントと言われています。

なので、ダイエット自体って結構難しいんですよね。

これは、人間の機能として、
「変わりたがらない」
という機能が備わっています。

これを、
「ホメオスタシス機能」
といいます。

いい例が、体温です。
気温が暑かろうが寒かろうが一定の体温に保とうとします。

ホメオスタシス機能は、
思考や感情、行動パターンも同じでいようとします。

これは、何故かというと、
大昔は変わらないようにすることで生き延びる確率が上がったからです。
要は、変わらないことは生命維持機能であり、愛なんです。

ただ、太るパターンに陥っていると、
ずっと太ってしまうという事です。

それを解決するには、
意識的に無理のない範囲で行動を変える」
ことです。

この意識的というのがポイントです。

そして、大抵(特に最初)は、ホメオスタシス機能が働いて上手くいかないケースが多発します。

そこでやめてしまうか、続けられるかが大きな分岐点です。。。

■最大の壁は「習慣」になるか

心が整って、食事と運動をを完全に把握してやったとしても、1回実践しただけでは成果は出ません。

要は、継続しないといけないという問題が出てきます。
これは、「習慣力」があるかないかになってきます。

ダイエット達成を論理的に整理していくと、
一番のカベは、間違いなく『習慣力』だということです。

継続できないから、別の手法探しをして、ダイエットをして感覚を得るの繰り返しするパターンにハマってしまうのです。

そして、それを続けるためのメンタル力(世界観)がベースとなるのです。

筋トレもハマるとマジ面白いですし、
快感になります(笑)

成長ホルモンなど体にいい成分が分泌しますので、病みつきになるはずです。

その状態に、いかに早くいけるかが、カギとなります。

仮に、

ダイエットのために大切なことを優先順位をつけるとしたら、

1、メンタル力(世界観)
2、習慣力
3、食事
4、運動

となると思います。

そのためには、やはり【環境作り】です。
続ける工夫に最大限工夫を凝らしてください。

でないと、ホメオスタシス機能が発動して
今までと同じパターンを繰り返し成果が出ません汗

まとめると、

環境作り=習慣=ダイエット成功

という図式が、成り立つと思います。

それ位、重要なのです。

そして、ひとりでダイエットする場合は、
一気に、色々変化させないようにすることです。

仮に成功しそうになっても、心の反動で元に戻りたくなります。
これは、人間のメカニズムでホメオスタシス機能があるからです。
残念ながら、同じ状態でいたいと思うのが人間の性質としてあります。

なので、

安心して頂きたいのは、
ひとりで変化できないのは「普通」です(笑)

習慣をなかなか変化できないのが普通だと、研究で実証されています。

だからこそ、環境に投資は価値があるのです。

そして、習慣になるための知識や世界観のアップロードのアプローチが食事運動の知識より重要だと私は確信しています。

これは、ダイエットに限らず、
人間関係の改善や副業などビジネスでも言える事だと思います。

もし、環境に投資できるなら、
やはりパーソナルトレーニングはとてもいいです。

続けやすくなりますし、トレーナーから「痩せるのは当たり前」といういい影響を無意識に受ける事ができます。→これが世界観のアップロードです

(担当のトレーナーの経験値にもよりますが…)

ちなみに、フリーランスのパーソナルトレーナーの方が良いと思います。
フリーのパーソナルトレーナーは正直にすべてお話してくれます。

良くしられている某パーソナルジムは、すべてマニュアルで動いています。
また、経験値が数年と浅い人が担当するかもしれません。

(この辺は実際働いた経験があるので色々把握しているつもりです。。。)

「短期で痩せてなんぼ」は心のメカニズムに反した方法です。

また、非論的な方法でしているジムもあります。
びっくりするくらい…
これは別のジムに通った方に直接何度も聞く話です。

ただ、Google検索をしてもあまり出てきません(笑)
大手のパーソナルジムの方が検索エンジン対策にお金を投資しているためです。

もし、都内でご検討を考えてのであれば、
地域名を入れて検索される事をおススメします。

ちなみに私は新宿と西早稲田でしてます。
こちらを見て頂けると幸いです。

「いや、ひとりでダイエットします!」
と言う方は、

第一ステップとして、

・お水を2ℓ飲む
・たんぱく質を毎食とる

という食事アプローチをお勧めします!

その次に、筋トレ習慣ですね。

まずは、運動癖を付けるために、自宅でスクワット1回から始めましょう。

要は、

現状上手くいっていないなら、変化です。

2週間たって、何も変化がなければ何か変えて下さい。
2週間経って変動がないのはありえません。
1週間でもいいくらいです。

食事ができないのは、あなたのメンタル力(世界観)になにかしらブレーキがかかっています。それを必ず発見してアップデートをして下さい。

ただ、自分だけでは脳の構造上見つからないケースがほどんどなので、気にしないで下さい(笑)誰かに聞くことをおすすめします。

変化を面倒くさらずに、
好奇心を持って取り組んではいかがでしょう?

がっつり痩せて
周りを驚かせようぜ(^_-)-☆

■まとめ

・ダイエットですることは、食事、運動、メンタルケアの3つ
・体重下げるなら、食事が9.5割重要
・見た目を良くしたいなら、筋トレ
・ ダイエットの最大のカベは、習慣!
・習慣のコツ=環境作りを最大工夫
・人は変わらないのが、普通。
・ひとりでダイエットするなら、習慣の知識を得るべき
・パーソナルトレーニングはフリーランスがおすすめ

ダイエットの食事、運動、心理(メンタル)は多岐にわたります。
定期的にダイエット論文を踏まえ公開をしていきます。

本当に大切なのは、
痩せた後のリバウンド防止なのですが、、、
それはまたの機会で(^^)/

最後に、ダイエット環境別のアプローチをまとめました。
良かったら、併せてご覧下さい。

環境別ダイエット法まとめはこちら

最後までありがとうございました!♡