ロングブレスダイエットは痩せない?メリットとデメリットとは

こんにちは、

東新宿と西早稲田で40代中心に自信をつける生活習慣サポート、
「お腹痩せダイエット専門のパーソナルトレーニング」してます
大内哲郎です。

ご覧頂き本当にありがとうございます(^^♪

「ロングブレスダイエットは効果あるのかな?」

と考えたことがあるかもしれません。

今回は、ダイエットトレーナーの視点からロングブレスダイエットのメリットとデメリットをお伝えできればと思います。

ロングブレスダイエットとは?

ロングブレスダイエットとは、呼吸法の運動です。

負荷は高くないですが、回数を重ねてインナーマッスルを鍛えるというコンセプトのダイエット運動法です。

具体的には、

1.顔は正面を向け背筋を伸ばす
2.お尻を締めて下腹部に力を入れる
3.重心を後ろ足に残し足を姿勢を前後にずらす
4.腕を前方に回転させ3秒で息を吸う
5.腕を振り下げながら一気に3秒で吐く
6.4秒で残った息をゆっくり吐き出す

という流れです。

呼吸をする時は、
下っ腹の丹田を意識して行います。

他にも、ウォーキングしながらロングブレスや寝ながらロングブレスなどあります。

色々種類はありますが、
ざっくりいうと呼吸運動法です。

ロングブレスダイエットのメリット

まず、どの年齢層も無理なく行うことができます。

筋力トレーニングはレベルによってはできない方もいますが、そのようなことがありません。

また、どこでもできます。
器具など必要がありませんので、
自宅でも出張先でもできます。

気軽にできる
という事が最大のメリットだと思います。

ロングブレスダイエットのデメリット

デメリットとしては、
運動としての負荷が軽いと思います。

見た目をよくする、代謝を上げるのであれば、
筋力トレーニングの方が効率がいいです。
インナーマッスルも筋力トレーニングで十分つきます。

また、肝心のダイエット効果は、
どの運動法でもまずは「食事法の改善」をする必要があります。

それは、ロングブレスダイエットも該当します。
運動としての消費カロリーは恐ろしく低いです。

ですので、ロングブレスダイエットや他の軽運動を加えたとしてもすぐ痩せるとは思わないで下さい。

42.195㎞フルマラソンを毎日しているような方は、食事の改善は必要ないと思いますが、そんな方はほとんどいません。

太る原因は、カロリー過多と必要栄養素の不足です。

ざっくりいうと、

「たんぱく質やミネラルが不足して、糖質や脂質がやたら多い食事をしている」

という事です。汗

ちょっと、夢のない話ですが、
逆を言えばちゃんと取り組めば成果が出るという事です。

具体的には、コチラの記事を併せてご覧頂けると幸いです↓

【記事】
なぜ、16㎏痩せることができたのか?

ダイエットの最大の課題は…

ロングブレスダイエットを試したとしても、
1回や数回では成果は出ません。

それは、食事でも同じです。

ダイエットの最大の壁は、続けられるかです。

人間は変化を嫌います。
ホメオスタシス機能といい現状維持を好む機能が備わっているからです。

なので、変化ができなかったり続かないのはむしろ当たり前です。
自己否定など決してしないようにして下さい。

ただ、そういって何も変わらなければ、ずっと何も変化はありません。
成果は新しい行動をした時についてきます。

そのために、まずは環境作りが必要です。

というか、ダイエット指導をしていて、
環境設定がすべてだと思いますw

ひとりでできないなら、パーソナルトレーニングをするなど価値があります。
ひとりでするなら、部屋の整理整頓から始まり、自己管理を徹底的にする必要があります。

とにかく、ひとつずつできるように、
慌てずに取り組んでいきましょう。

まとめ

・ロングブレスダイエットとは呼吸運動法
・メリットはどの年齢層もできる
・デメリットは運動負荷が低い
・ダイエットは食事の改善を
・ダイエットが上手く行くよう環境を整えましょう

最後までありがとうございました!