ダイエットはカロリー計算で痩せる?糖質や脂質バランスは?

こんにちは、

東新宿と西早稲田で40代中心に自信をつける生活習慣サポート、
「お腹痩せダイエット専門のパーソナルトレーニング」してます
大内哲郎です。

ご覧頂き本当にありがとうございます(^^♪

ダイエットをしようとした時に、カロリー計算をして痩せようと考えていませんか?

実は、カロリー計算のダイエットで勘違いしがちなことがあります。

今回は、パーソナルトレーナーの視点を踏まえてどうやったら失敗しないで上手く行くかお話できればと思います。

カロリー計算のダイエットは超王道

ダイエットはカロリー計算で痩せます。

2014年トロント大学の研究で、
様々なダイエット手法は時間が経つほど差がなく、
結局はカロリー計算で痩せていたというデータがあります。

なので、糖質制限をしたり、脂質中心の食事などしても
それは、糖質をカットしたからではなくカロリーで痩せているという結果である可能性が高いという事です。

なので、地道で夢がありませんが、カロリー計算でのダイエットは王道であり、一番確実性があるダイエット方法と言えます。

1日のカロリーってどのくらい?

1日のカロリーはどのくらいか?

それは、年齢×性別の違い×1日運動量で大まかに分かります。

この大まかにというのは、遺伝子によって差があるということと、筋肉の違いで代謝は変わるという事です。

なので、あくまで目安です。

私は感覚的に、
このくらい食べたら痩せる
このくらい食べたら維持する
このくらい食べたら増量する
と認識するようにしています。

理論的にされたい場合は、
カロリーを算出して、普段食べているものをメモして計算すればいいかと思います。

私は、感覚でやってしまっています。

感覚でやってしまっていますが、
食べているものは毎日記録しています。

カロリー計算はすべきですが、
あまりきちきちに真面目にしすぎて神経使うのもおすすめしません。

カロリー計算はだいたいでいいかなと。
それより食べてる栄養バランスの内容が大切です。

カロリー計算でやりがちなミス

カロリー計算のダイエットでやりがちなミスがあります。

きっちり、カロリー計算するより、
このやりがちなミスを減らすことが重要です。

・カロリー内なら何でも食べていいではない

カロリー内なら何でも食べていいと思うかもしれませんが、それは残念ながら違います。

人間は、取るべきカロリーがあります。

まずは、それを毎食食べないと痩せるにも痩せません。

一番は、たんぱく質中心の食事をすることです。



たまご
ツナ
プロテイン
納豆

など毎食食べるべきです。

たんぱく質は筋肉や肌や髪の毛の材料です。

短期的に見れば、たんぱく質をとらなくても
痩せる可能性があります。

ですが、長期で見ると、筋肉が減るという事は代謝が減ることになります。代謝が落ちると1日に食べれる食事の量がどんどん減ります。それって嫌じゃないですか?

そして、見た目がダサくなります。
本能的に異性にもてません(笑)

異性にもてるのは、体重が少ないガリガリ体型ではなく、
元気で頼りがいがある体型です。

そこを勘違いしないようにしたいですね。

・加工食品が多い

カロリーをコントロールしていても加工食品が多いのは良くありません。

特に、トランス脂肪酸など自然界にはない加工食品ですと、カラダに負担がかかります。要は、ダイエットにとってデメリットです。

また、砂糖もダイエットに邪魔になる存在です。
ビタミンなど消費されやすく、
ビタミン不足になったり中性脂肪をエネルギーに変換しにくくなります。

いきなりなくすことは、
心の反動がきて暴食になり易いので、
少しずつ違和感を感じながら減らしていくことが大切です。

・水の補給が少ない

水を飲んでいますか?

現代人は水分不足です。

また、水分がないと人間は脂肪燃焼や筋肉合成はできないといわれています。

なので、水は飲んだことに越したことないです。
また、お水はカロリーは0です。

なので、毎日2リットル前後は飲みたいです。
体重×40位飲んで構いませんので、
2ℓ超えても問題ありませんし、ナトリウム欠乏症になるには10ℓ以上毎日飲んでもならないと思いますのでご安心ください( ´∀` )

以上のことを踏まえて、
王道のカロリーコントロールのダイエットをしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

・カロリー計算のダイエットは王道
・たんぱく質中心の食事を
・長期で見ると何でも食べていいという訳ではない

最後までありがとうございました!